ヒルトップにようこそ 73

 あまりの展開の早さについていけず、ぼおっと、立ちすくんでいる佐知子と男の間に入って、ナイフを拾い上げてポケットに仕舞うと、マスターは、 「大丈夫でしたか?」 と佐知子に声をかけた。 「え、ええ。ありがとうございます」 我に返った佐知子をマスターの後ろから走ってきた茉莉が抱きしめた。 「ところで、何をしたの?」 転げ回ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more