ヒルトップにようこそ 75

 マスターは、一歩前に進みながら、押し殺したような低い声でつぶやいた。 「おい、その娘(こ)の髪を引っ張るな。その娘に少しでも傷をつけたり、髪の一本でも抜いたりしてみろ。・・・殺すぞ」  はらはらしながら様子を見守っていた佐知子は、マスターの豹変ぶりに驚いていた。悪党であるスーツの男より、むしろマスターの方が恐ろしかった。  スー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more