ヒルトップにようこそ 76

「マ、マスターッ!」 茉莉の制止を聞かずにマスターが引き金を絞った。 チュー。 「ぎゅーっっ!」 男は再び失神した。 「ホンモノじゃなかったの?」 茉莉は驚いて尋ねた。気がつかないうちに、すり替えていたらしい。 「まさか。いくらなんでも、殺しちゃったら捕まっちゃうじゃん」 マスターは立ち上がりながら、振り返ってにっこり笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more