ヒルトップにようこそ 77

 男たちは、振りかかるガラスの破片に瞬間たじろいだあと、一様に、目を押さえてせき込みはじめた。そこへ飛び込んできたマスターが、男たちのみぞおちに一発ずつパンチを食らわした。  一瞬にして三人の男たちを倒したあと、マスターが戻ってきて、 「プハー。最近息が続かんな」 と言って、大きく息を吸い込んで、再び男たちを縛り上げに行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more