ヒルトップにようこそ 83

 二日ぶりの、綾子と佐知子の部屋は、一昨日よりも少し、こざっぱりと片づいていた。部屋に入るなり、茉莉は佐知子に尋ねた。 「掃除機、どこ?」 「掃除機? ここだけど?」 一昨日は、適当に引っ張り出されていたが、今日はリビングの隅の押し入れに片づけてあった。一昨日チラッと見たときは、もう少し青っぽく見えたが、よく見ると濃い紺色だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more