ヒルトップにようこそ 70

 茉莉のまぶたの裏に広がったのは、今日の午前中にヒルトップでスコープした時と同じ映像だった。 「うん、大丈夫ね」 茉莉の言葉に、佐知子はホッとした表情になった。 「じゃ、今度は車のことを考えて」 「わ、わかった」 再び目を閉じる二人。茉莉に見えた映像は、やはり、船の中のようだ。ヴィッツを囲むようにして、大きな高級車がびっしり並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 69

「佐知子さん、そいつのベルト抜いて。ズボン脱がして」 「な、何するの?」 「縛り上げるのよ。決まってるでしょ」 うつ伏せに倒れている男をひっくり返してベルトを抜き、ズボンを脱がせ、もう一度ひっくり返した。 「佐知子さんベルトで足縛って。私ズボンで手を縛るから」  三分ほどかけて、茉莉と佐知子は男を縛り上げた。一緒に脱がした靴下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 68

「まさか、それでぶん殴るの?」 「うん、何とかなりそう。でも、失敗したら、佐知子さんもそれでやるのよ」 「わかった。・・・まさか死んじゃわないわよね」 「大丈夫でしょ。さ、じゃ、ミッションコード『脱色』発動よ」 「なんか、楽しんでない?」 「何にでも楽しみを見つけなきゃ」 マスターがよく言うセリフである。  茉莉はドアの横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 67

 茉莉と佐知子は、とにかく部屋を一通り調べてみることにした。ドアは厚く丈夫で、やはり外側からカギがかけられている。取手は全く回らない。体当たりしてみても、びくともしない。ドアには、直径20センチほどののぞき窓があるものの、壁には窓もなく、ドア以外の壁には、切り込みすらない。  茉莉は天井を見上げた。映画なんかでは、大体通風口から逃げ出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 66

「で、あなたたちはどうしたの? まさか、助けに来てくれたわけでもなさそうだけど」 「私もヴィッツを盗まれたんです、昨夜(ゆうべ)。で、あの倉庫を見てたら捕まっちゃったんです」 葛西は驚いた声で言った。 「よくここが分かったわね。私は何ヶ月も調べて突き止めたのに」 佐知子が得意げに答えた。 「優秀な探偵さんがついてますから」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 65

 「心配するな。殺しゃしねえよ」 扉を開けながら、作業服の男が茉莉と佐知子に話しかけた。 「さ、入れ」 と言って、二人を部屋の中に押し込んで、外からカギをかけた。 「ま、あとからじっくりかわいがってやるよ」 扉の小窓からのぞき込んで、いやらしく笑った。 「ホントにかわいがるなら、助けて欲しいものね」 茉莉が腕を組みながら毒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 64

「もしもし・・・。あ、お父さん。・・・うん、今、佐知子の家でレポートやってるの。今夜泊まると思うから・・・。うん、じゃあね。おやすみなさい」 一方的にしゃべって電話を切った。スーツの男は、満足げにうなずいて、 「じゃあ、携帯はこちらでお預かりしようかな」 と言った。作業服の男が、茉莉から携帯電話を取り上げた。そして佐知子の方に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 63

 コーヒーもケーキも、あとから出てきた番茶も飲み終わって、あくびしていたところに、先程フィルムを受け取った中年の社員が、ネガと、プリントされた写真の束を持って戻ってきた。 「いやあ、大変お待たせいたしてしまって申し訳ございません。たった今でき上がりました」いたしてしまって申し訳ございません。たった今でき上がりました」 「無理言ってす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 62

 ともかく、次のB倉庫へ行こうということで、踏み台の木箱から降りた時だった。 「何をしている!」 男の鋭い声に振り向いた茉莉と佐知子は、顔に懐中電灯を当てられて、顔をしかめた。真っすぐ当たってくる懐中電灯の光を避けるように、顔を斜めにして、目を細めた二人に、 「こんなところで何をしている。あの女の仲間か」 再び、男が口を開いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 61

 高さにして2メートルくらいだろうか。最初に茉莉が木箱に飛びついて、木箱の上面に手をかけた。茉莉のお尻を佐知子が押し上げるようにして、茉莉はなんとか木箱の上に乗ることが出来た。今度は、伸ばした佐知子の手を茉莉が引っぱり上げて、佐知子もなんとか木箱の上によじ登った。二人とも、ハアハア言って、しりもちをついた。 「あたし、ダイエットするわ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 60

「・・・あった。『ダイワ海運』!」 茉莉の指さす方を佐知子が見ると、確かに、窓に、白い文字で『ダイワ海運』と書かれた倉庫が並んでいる。茉莉は、一度注意深く前を通り過ぎることにした。  ダイワ海運の倉庫は、4つ並んでいた。その4つの倉庫の全てが、窓に『ダイワ海運』と白文字で書かれている。茉莉は、200メートルほど行き過ぎたところで車を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 59

 茉莉の車が海の見える所まで来た頃には、もう夕暮れ時になっていた。港は、海浜公園を真ん中にして、大きく北と南に分かれる。どちらかというと、北側は観光寄りで、客船や観光船が主に出入りする。もちろんコンテナを積んだ船も出入りするが、そういった類いの船は、主に南側を利用している。おしゃれなレストランやバー、ショッピングモールなどがあるのも北側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 58

 港に向けての道を走っていた茉莉は、運転にもすっかり慣れてきた。ようやく肩の力が抜けてきた。そこへ突然、携帯電話が鳴った。わっ、どうしよう。携帯が鳴ってる。出ればいいのかしら、いや、違うわ。どこかに停めなきゃ。  いきなりの携帯電話の着信音に慌ててしまって、やっとの思いで車を路肩に寄せた。せっかく慣れてきていたのに、またとっ散らかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 57

 店員の描いた下手くそな地図を頼りに、マスターは、現像専門の、 小さな工場のような建物を訪れた。建物の割に小さなドアを開くと、地味な事務所のような一室にいた五~六人の社員に緊張が走った。 「あのー、さっき電話で・・・」 言い終わらないうちに、 「大至急やらせていただきます」 と、中年の社員が、最敬礼してフィルムを受け取った。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 56

クラクションに押されながら、仕方なく車を脇に寄せた茉莉は、漠然と思いついたことを頭の中で整理し始めた。  盗難車を外国に売り捌(さば)く場合、とりあえず倉庫か何かに一時保管するだろう。一台ずつ外国に運ぶわけではないはずだから、何台か、ある程度の数がまとまるまでは、ためておくはずだ。で、何台かまとまると、いよいよ海外に運ばれることになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 55

「ねえ、お兄さん」 マスターは、さっきからこちらに背を向けて、なるべく目を合わさないようにしている店員に声をかけた。店員は、ビクッとしたように振り返り、 「な、何でしょうか?」 と答えた。マスターが3本目のネガを見せながら、 「このフィルムってさ、ASA100だよね?」 と聞くと、4本目の現像に取りかかっている店員は飛んできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 54

 マスターは、タバコをくわえたまま、煙そうな顔で眉をしかめながら、3本目の写真をめくっていた。  さっき見た2本目の写真は、富士山周辺の写真が並んでいた。目の前にそびえる大きな富士、五千円札と同じ場所から撮ったと思われる、湖の奥の形のいい富士。他にも、右に太平洋らしき海があり、その奥にかすんでいる小さな富士、夕暮れ時か、全体に赤みがか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 53

佐知子は、ジャンプして両手を下に伸ばして体を支えると、右足をフェンスの上にかけ、ひょいと飛び越えた。小走りに2番倉庫へ走る。扉のすき間に顔をくっつけて中をのぞき込んだ。  暗くて見えづらいが、こちらも大きな段ボールが整然と並んでいる。残念ながら盗難車が隠してあるようには見えなかった。  小さくため息を漏らして、扉から顔を離した瞬間だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 52

 佐知子は、茉莉と別れてから二件目の運送会社の倉庫の前で立ち止まっていた。直接スコープの映像を見たわけではない佐知子は、今目の前にある倉庫が、どれくらい、条件にあてはまっているのかはわからなかったが、とにかく、倉庫の壁に窓が並んでいて、その窓には、白い文字で「中川運輸」と書いてあった。  佐知子はすぐに茉莉を呼ぼうかと思ったが、せっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルトップにようこそ 51

 マスターは、葛西佐織のプラドから見つけた6本のフィルムを持って、駅前に向かった。「30分スピードプリント」の看板を出している写真屋に入った。 「この6本、大至急、プリントして」 「はい。これに住所と電話番号、名前を書いて」 元ヤンキーと思われる茶髪の店員の差し出したカードには目もくれす、マスターは、 「何分で出来る?」 と聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more