ヒルトップにようこそ 80

 車を店の駐車場に入れて、店の中をのぞくと、マスターが一人、ぼんやりとタバコをふかしているのが見えた。  茉莉が扉を開くと、マスターは、 「おかえり」 と迎えてくれた。その声を聞いて、マスターの顔を見た途端、茉莉はひざがガクガクと震えだした。そしてマスターの顔がぼやけてきた。 「ただ・・・い・・・ま」 言い終わらないうちに、茉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more